膝の痛み

みなさん、こんにちは笑い広島市西区の口コミで評判の整体、大谷整骨院の院長大谷ですにゃんこ


いや~今日は良い天気ですね~アップでも、夕方くらいから雨らしいですよ~叫び


さて、今日は膝痛の症例をひとつ。患者70代女性。症状左膝内側の痛み。痛みは歩行時、階段昇降時、曲げ伸ばしで膝の内側が痛みます。病院での診断はありませんが、おそらく病院に行くと変形性関節症といわれる状態でしょう。

 このような状態でも膝周囲の筋力バランスを整えて、全身のつながりを整えルと、日常生活での痛みは無くなります。


 この方、まず観ていくと、ももの後ろの外側の筋肉とももの外側の筋肉に十分に力が入りません。その関係は大腸の状態にあったので大腸をリリースすると、正常にももの裏の筋肉と外側の筋肉に力が入るようになりました。この方、胸腰部の脊椎が圧迫骨折しているので、その影響で十二指腸も動きが悪くなり、ひざ裏(両側)の筋肉にも力が入りにくい状態になってしまっています。そこも胸腰部の脊椎の可動性をつけ、直接十二指腸の動きも誘導すると、両側のひざ裏の筋肉にも力が入るようになりました。この時点で、膝周りの筋肉は大体OKになっているので、あとは、膝の軸を整え、足関節も偏平足になっていたので、そこもアプローチ。その時点で、膝の痛みはほとんど消えてました。階段に見立てた踏み台もOKです。

 あとは、この方、痛いのは左ですが、実は右の膝も同じような状態です。

左右が同じということは、大元は膝ではなく体幹の問題です。上部胸椎(胸郭)

の問題と、後頭骨の問題があったので、それもリリースして両側のお尻の筋力が発揮できていなかったのも解消します。

 この患者さん、階段も大丈夫になり、梅の花を観に私が驚くくらい長い距離も歩けるようになりました。良かったですね。

 大事なのは、体はつながっているので全体を観て、一部分の治療ではなく全体を治療することです。

 大牟田駅の龍のロボット



自律神経失調

みなさん、こんにちは。


広島市西区の口コミで評判の整体、骨盤矯正、カイロプラクティックの大谷整骨院の院長大谷です。


三寒四温とは、よく言ったもので、寒くなったり、暖かくなったりと、気温の変化が大きいですね!!こういう時は、自律神経の調子を崩しやすいので、着るものを寒くならないように一枚おおく身に着けておくとか、マフラーや帽子をもって出かけるとか、夜は暖かいお風呂に浸かって、体を温めてから寝るとか、気を付けてくださいね。

 しかも、この時期、花粉やPM2.5等のm免疫系に負担になるものが飛散していますから、更に副腎に負担がかかって自律神経の調子を崩し、急な腰痛、寝違え、全身倦怠感、精神的に不安定等の症状を起こしやすいです。

 外に出るときはマスクも効果的ですね。あと、この時期、ビタミンCをしっかり取るのも効果的でしょう。


 花粉症や、この時期調子の悪さを感じる方は、大谷整骨院までご連絡ください。

セミナー行ってきました。

みなさん、こんばんはニコ広島市西区の口コミで評判の整体、骨盤矯正、カイロプラクティックの大谷整骨院の院長大谷です

 土曜日、日曜日とセミナーで大阪に行ってまいりました~ドラえもん今回は上肢ということで、上肢に関連する色々な内容を勉強して来ました上げ上げ筋肉や骨、靭帯や神経、血管までアプローチの仕方を勉強してきました~心

セミナー自体は土曜は19:00までなのですが、それから懇親会でしゃぶしゃぶの食べ放題があって、その後、地獄部屋といって、深夜の2時、3時、4時まで勉強会があります。とて~も濃い内容でふらふらになりながら学びます。そして、翌日も朝9時から3時までセミナー!!とっても情報量多くて、消化するのが大変ですが、患者さんを治すため頑張りますよ~アップ



ものまね館キサラにて



感覚と知識(知恵)~左右のバランス


みなさん、こんにちはかお今日は寒いけど良い天気ですね~あひる

広島市西区の口コミで評判の整体、骨盤矯正、カイロプラクティックの大谷整骨院の院長大谷です

今日は、治療していて考えたこ事を書こうと思います。

 前から治療には、知識も感覚も必要と思ってきました。それは、治療するのに体の悪い所を探すのに、色々検査して、それで知識(知恵)でもって治療箇所を特定する。もちろん、これには知識で探り当てた場所が本当に治療すべき場所なのかを、確定させるための感覚(触診感覚)が必要になります。そうして、治療をしていっていると知識と感覚とひらめきというのがあって、色んな関連するところへ治療箇所が飛んでいきます。例えば、脚を治療していてその関連で次は頭を治療する、という風な感じです。このひらめきというのは、治療家の勉強してきた知識がカギになります。勉強して知識を入れとかなければピーンとひらめくものがないのです。その知識とは、神経学だったり、筋連鎖だったり、内臓関連だったりと、その治療家が勉強したもの全てが出ます。これは、これで確かにすばらしいものと思います。ただ、最近は少し考え方が変わってきました。感覚で治療をする。ということです。治療箇所を探すのも研ぎ澄まされた触診にて。そして、次の治療ポイントに移るのも感覚にて患者さんの体に誘導されるように自然にそこへ導かれる。と、いうことがより良いのではなかろうか、と。

知識(知恵)を使えばそれは、治療家の知識の範囲内での治療ということになります(もちろん、そうでない場合もあるでしょうが)。そうではなくて、患者さんの体に導かれるように治療した場合は治療家の知識の知識の範囲を超えた治療になるでしょう。その治療がうまくいってることを治療しながら治療家は感じれば良いのです。そういう場合、どうしてそれをするべきだったかの理由は後付けになります。でも、そういうやり方もあるという事です。

 今日、治療しながらなんとなくそんなことを考えてしまいました。きっと、その時、知恵主導で治療していたからでしょう。でも、その時の治療で患者の方は左右に大きくバランスを崩した方だったのが、左右のバランスを取り戻した良い状態になりました。治療の道は奥深く長いものだと、また感じました。


ものまねキサラ館のまねだ聖子


ぎっくり腰~イチロー?

みなさん、こんにちはかおだんだん暖かくなってきますね~アップもうすぐ春が来ますね~ぺこ

広島市西区の口コミで評判の整体、骨盤矯正、カイロプラクティックの大谷整骨院の院長大谷です

 


さて、みなさん。最近の症例をひとつ。患者50代男性。症状、いわゆるぎっくり腰ってやつですね。歩くのもくの字にこしを曲げて歩いておられます。この方、

ぎっくり腰を年に何回か繰り返しておられるそうです。さて、観ていきます。腹部の緊張がかなり強いようです。胸郭の緊張もかなり強い状態です。腰部に炎症はあまり見られません。腹部、大腸の緊張を手でゆるめていきます。胸郭の緊張もゆるめます。横隔膜の緊張も強い状態なのでそれもリリースします。治療後にはまっすぐに立てる状態になりました。本人の自覚もかなり楽になったようです。初回はこれで終了。翌日、来院された時には前日帰られた時の状態が維持できていて、まっすぐに立って歩いておられます。体を観て行っても、昨日よりもよくなってきています。大腸の状態を悪くしている不耐症の食品が検査で調べるとありました。牛乳と、油でした。それを避けるように指導して終了。三回目の治療をまた、翌日行い、症状完全によくなったので、それで終了。良かったですね。



ものまねかん「キサラ」のイチローのそっくりサン