首~肩腕にかけての痛み、シビレ

みなさん、こんばんはかお毎日、だんだん暖かくなってきますね~キラキラ春が近づいてますねWハートところで、テレビのスポーツニュースでは、広島カープの黒田投手のニュースが連日報道されていますね上げ上げ男気、黒田ですか!!とても楽しみですね。私も、今年はたくさん試合観に行きたいな!!でも、大人気過ぎてチケット取れるかなはてなマーク


さて、みなさん最近の症例をひとつ。患者40代男性。症状、頸部から右腕全体への痛み、シビレ。整形外科では、こういう症状があった場合、レントゲンを撮って骨と骨との隙間が狭かったりしたらここにヘルニアがあるんでしょうと牽引したりする場合もあるようですが、なかなか痛みがひかないみたいですね。今回のケースでは、症状の原因は下部頸椎の椎間孔での圧迫と、胸郭出口での神経、血管の圧迫による症状と徒手検査で判断。椎間孔での圧迫を外して、胸郭出口での圧迫も外すと、治療前は患者が上を向くと症状がひどくなっていたのが、症状がほぼ出なくなりました。では、何故椎間孔での圧迫や胸郭出口症候群が出てしまったかというと、この方デスクワーク主体で猫背、これが第一の原因、それプラス、盲腸の辺りの緊張がありました。それにより右の膜の緊張が上へ伝わって頸椎や胸郭の緊張をつくって症状を出してしまってたみたいです。盲部の緊張は検査をすると唐辛子の食品不耐症がでました。この方、キムチとかすきなようです。辛いものを控えるようにと、姿勢を指導して、初回の治療は終了。帰りはほぼ症状消失で帰られました。




オスグッド~足関節捻挫


みなさん、こんにちは。いや~!!今日は寒かったですね~ちわわ一時期、広島の西区でもあられがふってましたよ~叫び春が待ち遠しいですねラブ


さて、最近の臨床例をひとつ。患者、中学生の男子。サッカー部なんですが片方の膝がオスグッドでもう片方の足が繰り返す足関節捻挫。それを、聞いただけでも、根本原因は脚じゃないな~って感じじゃないですか。ふつうに考えれば、大元の原因があって、それが両足に影響を出して、たまたまそれが、片方でオスグッド、片方で繰り返す足関節捻挫。になっていると考えるのが普通でしょう。私はそう思います。そういう考え方が出来ないと治せないと思います。

この男子の場合は、腸の状態が悪くて両脚の筋力、特に大腿筋膜張筋、膝窩筋、外側ハムストリングに力が入らない状態でした、オスグッドの方は大腿四頭筋もね。それで十二指腸、横隔膜、大腸の状態を良くするように治療します。そして、炎症が膝はひどくはれ上がった状態だったのでアイシング。これで、筋力は大体回復しました。あとは、繰り返す捻挫に関してはふくらはぎの中にある2本の骨の関係性を適切なものに修正して、治療を進めていくと、第一回の治療後から全然違うと、患者が言っておりました。この子は整形外科でオスグッドでサポーターを出してもらっただけで。うちに来院してきましたが整形では、練習の停止やサポーターを出して終わりみたいですが、そして成長期を過ぎれば収まるからという話をしておしまいのところが多いようです。成長期が終わる頃って、20くらいか?待てますか?今回の患者は練習は思いっきりやらない程度にセーブはしてもらいましたが、練習しながらで、現在も通院中ですが、両足ともほとんどOKになってきました。あと、この子も合わない食品が大腸の状態を悪くしていました。それを食べないように指導して、悪くなる原因を排除してあげたのも大きかったと思います。早く思いっきりサッカー出来るようになるとイイですね。



夜の瀬戸大橋(微妙な写真)


股関節痛~坐骨神経痛


みなさん、こんにちはキャハハお久しぶりです。2月も半ば、もうすぐ春ですね!!でも、まだまだ寒いダウンもう2週間もすれば3月になります。目には見えなくても日に日に暖かくなってきているのは間違いないですねおんぷ少しずつ、の変化って目には見えないものの、確実にあって、そして進んで行ってるんですよね。自分自身の成長もかくありたく思いますかお


さて、みなさん、症例報告をひとつ。患者40代女性、症状股関節周囲に痛み。そして坐骨神経痛のラインに痛み、シビレ。です。この方とにかく症状のつらさを訴えられます。ですので、どんな動きで痛いのか、いつ痛みがひどくなるのか?等、詳しい問診が出来ません。が、おおまかな痛みの場所や種類は分かります。さて、観ていきます。緊張のラインを追うと痛みの出ている側の股関節少し上の腹部で緊張のラインが止まります。盲部の緊張があるので、そこをリリースします。そして、小殿筋、中殿筋等のお尻の筋肉をカウンターストレインで弛めます。この時点で症状はかなり軽くなったようです。初日はここまで。2回目の来院時には、症状かなり軽くなったものの朝起きた時と、長時間の立位でまだ症状が出るとの事。この時点で患者さん、痛みがかなり減って落ち着いたのでしょう。問診でどんな状態化をきちんと伝えていただけるようになりました。痛みが危機的な状態ではなくなったので、信頼もしてくれたんでしょうね。痛い側の足関節、膝関節、仙腸関節と施療します。そして、胸郭の問題もありましたので、それも解放しました。あと、食べ物で不耐症の物があってそれが盲部の緊張を助長していましたので、その食べ物を食べないように指導して、症状が10回程度の治療で完全に消失したので終了しました。良かったですね。



こんぴらさん