顎関節症

みなさん、こんばんはかお昨日は2歳半の娘に自転車を買いにスポーツ店に行きましたリラックマピンクのかわいい自転車があったのでそれにしました心とても嬉しそうで、ヘルメットも買ったのですが、家の中で嬉しそうに被ってましたにゃこどもの成長って早いですよね!!ホントにびっくりしますぺこ


 さて、今日は顎関節症のお話しチョキまず、最近あった症例をお話ししましょうね。この方、30代の女性だったんですが、耳が詰まった感じがしていたそうです。ちょうど、飛行機などで高い所にのぼったら気圧の変動で耳がおかしな感じがしますね。あれと同じような感じがしていたらしいんですグッド!それで、耳鼻科に行ったら、肩こり、首こりから顎にきてそこから耳にくる場合があるといわれて、当院へ来院されたんですね耳で、実際診てみたら、口の開閉を大きくしてもらうと、歪んで口が開いていったり、閉じていったりします叫びそれで顎関節の筋力バランスの検査をしたら、異常が出ましたドクロそこで、すぐ顎の筋肉の緊張をゆるめたかというと、違うんですねビックリマーク顎や頚、肩の筋肉の緊張は多くがそれより下の体の問題が原因で出ていることがほとんどです。だから、まず体幹の問題や骨盤の問題に治療を加えてバランスを取ってから、口の開閉を行ってもらうと、歪んだ開閉がかなり改善されたので、あとは直接顎関節の筋肉で緊張が残っているところをゆるめると、症状がほとんど改善されました。次の来院時に様子を聞くと、耳の詰まった感じは無くなったということでした。この方は軽度の症状だったため早期に回復しました。

坐骨神経痛やぎっくり腰2

みなさん、こんばんはリラックマ今日、10月3日は広島カープの前田智徳の引退試合の日ですね。天才的な打撃センスでファンを楽しませてくれてありがとう!!引退するのはさみしいけれど、お疲れ様でした!!今度は、コーチとしてカープの優勝に貢献してくれることを信じて期待しますかお


 ところで、この時期ぎっくり腰や坐骨神経痛が増えるという話を前回しましたねグッド!春先や秋口は気温の変化が大きいので、それが身体的なストレスとなって、副腎の負担となり発症するんですね。最近の臨床例では、60代の女性なんですが、腰から右大腿部外側~前面まで歩行時にビリッとして腰をかがめて来院されました。原因は回盲部の緊張が原因でした。回盲部の緊張を生んだのは副腎の機能低下がひとつ、もう一つは食品検査で唐辛子が合ってないのに大量摂取したことにより、回盲部が緊張してその緊張が原因で痛みを出したんですね。そういえば、右の股関節部を特に曲げて腰もかがめて来院されました。治療は副腎に対する治療、回盲部の緊張を取る治療、唐辛子のを食べる事を控えてもらいました。以上の治療で、症状も早期に消失し、喜んでおられました。良かったですねぺこ

広島西区アプライドキネシオロジーを施療に取り入れた大谷整骨院のブログ

ミネラルの補給にお勧めです