広島西区の大谷整骨院/口コミ/骨盤矯正/ヘルニア/坐骨神経痛/整体/腰痛/頭痛/むちうち/交通事故/膝痛/肘痛/変形性膝関節症/脊柱管狭窄症/

膝に水がたまった時

膝に水がたまった時

膝に水がたまってしまった!

こんな時は、迷わず冷やしましょう!

膝に水がたまってしまったら、まず、迷わず冷やしましょう!

おそらく、とても気持ちよく感じるはずです!

でも、湿布じゃダメですよ!アイスノンか保冷剤

をタオルでくるんで冷やしてください!

目安は、冷やすと気持ち良い、これがポイント!

気持ち良い、ということは熱があるということです!

熱とは炎症、その炎症をさます為に体がわざわざ水を炎症

のある周囲にためて、炎症の熱を除っているのです!

だから、外から冷やして炎症が引けば、体は水で冷やす

必要がなくなるので、これ以上水はたまらなくなり、

炎症からくる痛みも落ち着きます。

しかし、早期に水を引かすには、色んな方法があります。

 例えば、炎症がおさまった後、周りからサポーターで圧迫

するとか(水が体に吸収されるのを早めます)炎症がおさまって

いれば新しい水がわいてくる事はないので、吸収されればそれで

終わりです。もちろん、冷やした後や応急処置で冷やしながら

病院に行って水を抜いてもらうことも選択肢のひとつです。

ただ、水の元が炎症ですので、この炎症に対してのアプローチ

をしないで水だけ抜いても、また水がたまる可能性大だし、

水はたまらなくても、今度はもっと厄介な膝の痛みが出てくる

可能性もあるでしょう!

つまり、水を引かしたら、こんどは水がたまる根本的な原因

にアプローチしなければダメってことです。

大谷整骨院では、この流れで治療します。

さあ、とりあえず冷やしたらお電話でこれでイイか聞いてみてください。

TEL 082-274-3092

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional