広島西区の大谷整骨院/口コミ/骨盤矯正/ヘルニア/坐骨神経痛/整体/腰痛/頭痛/むちうち/交通事故/膝痛/肘痛/変形性膝関節症/脊柱管狭窄症/

施療の流れ

施療の流れ

  • 初めての方は、予診票に記入していただきます。
       
  • 問診
    予診票をもとに今現在の症状や、どんな時に痛みが出るか?
    どんな格好をしたら痛みが出るか?を実際に動いてもらって
    動きの中で判断していきます。
    痛みや体調不良など気になることは何でも遠慮なく伝えてください   問診風景1


    問診風景2

   

  • 触診検査
    座って立って寝て(仰向け、うつ伏せ)で触診していきます。
    問診、触診、筋力検査、整形外科的検査、等によって痛みを出
    している原因が何かを突き止めます。
    触診検査1


    触診検査2
       
  • 手技施療    
    痛みの原因となっている箇所を施療していきます。痛みの原因となっている場所は、ほとんどの場合痛い場所とは違い
    ます。その原因を色々な角度から取り除いていきます。手技療法1


  • 確認・指導
    施療によって治療前の状態との変化を比較して確認します。
    症状の変化もこの時、確認していきます。    
    必要に応じて何故、体が悪くなり症状が出たかを患者さんに
    お話しします。体のゆがみや悪い所やそこからくる症状は、患者さん
    本人の日常生活での姿勢や、生活週刊からくることがほとんどです。悪くなった原因は自分が日々の生活で積み上げてきた。という事に
    気付いてください。そして改善してください。悪くなる原因の生活習慣や
    食生活を改善するすることなしに、根本的によくなることは無いことに気
    づいていただきます。そうすることなしに、再発のない状態は保てないで
    しょう!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional