広島西区の大谷整骨院/口コミ/骨盤矯正/ヘルニア/坐骨神経痛/整体/腰痛/頭痛/むちうち/交通事故/膝痛/肘痛/変形性膝関節症/脊柱管狭窄症/

右膝痛

右膝痛

  • 患者 40代男性
  • 症状 歩行時、立つときに右膝の内側が痛い

 歩行時、立つときに右膝の内側が痛いという訴えだったのですが、

フィシオエナジェティックで観ていくと、原因は左手と、左足くび

にありました。そこを矯正すると、今度は、歩行の時は、右手と

左脚が前に出て、左手と右脚が後ろにいく、という風に上半身と

下半身がクロスして歩くように人間の体はなっているのですが、

この連動がおかしくなっている、という問題がありました。

この連動を修正するのは、右足を刺激するのですが、この患者さん

右足の指を骨折した経験があります。それが、歩行の上半身と

下半身の連動性を狂わせていたようでした。

ですので、それを修正します。そうして、次回来院時にどうだったか

確認すると、痛みがかなり改善したとのこと。

フィシオエナジェティックで観ていくと、隠れた問題も浮き彫りに

なります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional