広島西区の大谷整骨院/口コミ/骨盤矯正/ヘルニア/坐骨神経痛/整体/腰痛/頭痛/むちうち/交通事故/膝痛/肘痛/変形性膝関節症/脊柱管狭窄症/

ぎっくり腰

ぎっくり腰

なにかの拍子にぎくっとなり、それから動くこと

も出来ない。

これが、ぎっくり腰ですよね!

              

ぎっくり腰になってしまった時の対処法

こんな時、どうしたら良いか?

みなさん、悩まれますよね!

そんな時に、まず確認したいのが患部に熱があるかどうか?です。

痛いところに手を当てて、熱があるかみてみます。

良くわからないときは、アイスノンや、保冷剤を患部に当ててみます。

これで、もし気持ちイイと感じたら、かんぶに炎症がある証拠です!

そんな時は、迷わず寝転んで患部をアイスノンや保冷剤で冷やしてください!

炎症がある時は安静にして冷やすのが一番

炎症がある時、一番効果的なのが冷やすこと!

しかし、湿布では奥まで冷やすことが出来ないので効果ありません!

アイスノンか保冷剤をタオル等でくるんで冷やしてください。(直

接当てると凍傷になる恐れがあるので注意してください。)それで、気持

ちよくなくなるまで、交換してしっかり冷やすようにしましょう!

粗熱が取れるだけでびっくりするぐらい楽になりますよ。

そして、痛みは残るものの、動けるようになったところで、きちんとみて

くれるところで施療してもらうと早く良くなります!

これが一番効果的です!

ただ、冷やして安静にしているだけなんて、消極的に思えるかもしれませ

んが、これが一番早いです。そして、この段階になって施療してもらうと

施療効果も倍増!とても、早く良くなります。

では、一応お電話してお尋ねしてくさい!そして、冷やしてからいらしてください!

TEL 082-274-3092

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional